弊社の薬事コンサルとは?

弊社の本業は、薬事コンサル、

特に、広告における薬事アドバイスです。

 

この場合の薬事とは、薬事三法

(薬機法、景表法、健増法)を指します。

 

健康食品、化粧品の広告に対して、

 

1)薬事違反になっていないかを

チェックし、代替表現を提案する

 

2)薬事を気にせず、効能効果をうたう

ための広告テクニックをアドバイスする

 

3)最新のWEB広告で、薬事をかわしつつ、

コンバージョンを上げる

 

などのお手伝いをします。

 

1)に関しては、

化粧品、健食では、

基本ルールがまるで違います。

 

はっきり言って、難しいので、

広告の薬事チェックは、

プロの私にお任せください。

 

美容液、クリームなどの化粧品の場合は、

 

最重要キーワードの

 

「しわ」「しみ」「くすみ」

 

が書けるか、どうかが、

勝負どころになります。

 

ポーラの抗しわ美容液が、

バカ売れているからと言って、

http://www.pola.co.jp/company/news/po20161117/

 

なんの根拠もなく

「しわ改善!」

とか書いてはダメです。

 

当たり前ですが。

 

 

2)の薬事をかわす広告表現ですが、

最近は、薬機法OKでも、

景表法NGのパターンが多く、

一筋縄ではいきません。

 

 

特に、ダイエット商材。

 

ぶよぶよお腹をつかむ写真、

 

だぶだぶズボンを広げる写真、

 

よく見かけますが、

みな「誇大広告」と見られ、

健増法違反→景表法違反と連動します。

 

 

せっかく、エビデンスをそろえて、

機能性表示食品にしたのに、

 

ダイエット訴求をしたために、

謝罪広告に追い込まれている

葛の花問題は、話が複雑です。

 

 

「内臓脂肪の低減」(届出表示)で、

容易なダイエット効果はおきない。

 

というのが、

消費者庁の基本スタンスだからです。

 

こんなになるなら、

無理して機能性表示食品に

するんじゃなかった。

 

という恨み節も聞かれます。

 

何がダメで、

どうすればよかったのか?

 

ご相談ください。

rctjapan81@gmail.com

 

 

 

3)のWEB広告に関しては、

おいおい、お話していきますが、

アマゾンの最新広告機能を活用すると、

 

目からウロコ!

 

薬事を気にせず、

効能効果がうたえます。

 

研究サイトや、アフィリとか、

めんどくさいことが不要です。

 

これは、真面目に、すごい!

 

これからは、これかな。

 

ご興味あれば、ご相談ください。

rctjapan81@gmail.com

 


健食、化粧品、機器の薬事コンサル

 下記のような薬事案件に関し、サポートします。

月1~2回程度の面談、および、電話・メールなどでの回答。

 

・薬事三法(薬機法・景表法・健増法)の各種アドバイス

・広告の薬事チェック=月A4・10枚目安

・月1~2回程度のミーティングでのご相談対応

・メール、電話による簡単なご相談対応(特に回数制限なし)

・健康食品の機能性表示食品化のアドバイス

・化粧品、健康美容器具、医療機器の商品企画・販促アドバイス

 

☆料金(税別)

半年一括払い=50万円

 

※広告の薬事チェックの量が、大量の場合

(企業HPすべて、カタログ雑誌全ページなど)は、

別途お見積り申し上げます。

 


医薬品、医療機関(クリニック)の広告コンサル

下記のような薬事案件に関し、サポートします。

月1~2回程度の面談、および、電話・メールなどでの回答。

 

・薬事三法(薬機法・景表法・健増法)の各種アドバイス

・医師法、医療広告ガイドライン、医薬品通販ガイドラインなどのアドバイス

・広告の薬事チェック=月A4・10枚目安

 

☆料金(税別)

半年一括払い=100万円

 

※広告の薬事チェックの量が、大量の場合

(企業HPすべて、カタログ雑誌全ページなど)は、

別途お見積り申し上げます。

 


社内の薬事研修会の講師派遣

社内のコンプライアンス(法令順守)教育のため、研修講師を派遣します。

 

1、ジャンル:薬事法、景表法、医療広告

例)機能性表示食品、化粧品薬事、医療機器と雑品の薬事、クリニックのHP広告規制など

 

2、時間と料金

2時間=10万円(遠方の場合は、+交通費)

 


薬事広告+WEB広告ハイブリッドコンサル

LPの制作と集客をまとめてサポート

LPからの注文が上がらない!

Yahoo、Googleの媒体審査が通らない!

LPの作り方が分からない!

Facebook広告をしたい!

 

サポートいたします。

 

媒体審査のチェックポイントを解説。広告の修正。

化粧品、健康食品の売り上げをアップさせる薬事広告手法提案。

薬事法を考慮した勝てるLPの制作、WEB広告運用などもいたします。

 

<費用>(税別)

コンサル契約・・・月払い10万円/半年一括60万円

   月1回程度の定例ミーティング、メール電話などでサポート

  

☆お問合せ→ rctjapan81@gmail.com

 


薬事三法に対応した広告制作

薬事三法(薬機法、景表法、健康増進法)の規制を考慮し、広告を作成します。

通常の広告会社、デザイン会社では、法的知識がないので、媒体審査に落ちてしまいます。

 

<広告を規制する法律> 

1、薬機法・・・健食なら機能性表示に対応しているか?化粧品は一般か?、部外品か?

 

2、景品表示法・・・エビデンスがあるか?価格、景品は適正か?

 

3、健康増進法・・・健康食品の広告において、著しい誤認を与えていないか?

 

 

 <対象商品の分類>

1、健康食品

  1)機能性表示制度へ対応した商品

  2)ヒト臨床試験を実施しているが、機能性表示制度にのらない商品

  3)効果に関するエビデンスがないが、食経験実績のある商品

 

2、化粧品

  1)一般化粧品

  2)薬用化粧品、医薬部外品

  3)抗シワ試験を実施している化粧品

 

3、医療機器

  1)医療機器としてのエビデンスがある商品

  2)非医療機器としてのエビデンスがある商品

  3)エビデンスがない商品

 

4、二重価格、景品など

  1)定価と割引価格

 

  2)景品とセット販売の違い

 

 

<費用>(デザイン料込、ロケ&素材費用含まず)

1、LP(ランディングページ)制作

・・・50万円~(PPC、Facebook広告運用を依頼の場合)

 

2、チラシ制作(A3両面まで)

・・・100万円(10万枚の印刷料込み)~

 

3、PPC、Facebook広告(月の広告費100万円以上)

・・・広告運用費+30%の運用代行費

 

 

 

☆お問合せ→ rctjapan81@gmail.com

 


化粧品の薬事広告コンサル

複雑で難解な化粧品の薬事法広告規制を分かりやすくアドバイスをいたします。

*一般化粧品の広告修正と表現アドバイス

*医薬部外品の広告修正と表現アドバイス

*適正広告基準への対応方法をアドバイス

 

【一般化粧品の効能効果】

⇒これにより、一般化粧品では、56個の効果訴求に限定されます。

 

【医薬部外品の効能効果】

⇒これにより、「美白」「ニキビ」「育毛」などは、医薬部外品の化粧品類でないと広告できません。

 

【医薬品等適正広告基準】

⇒これにより、ビフォア/アフターの写真、実験結果の例示、使用者の声、医師の推薦などが禁止されています。

 

 

☆コンサル料:月払い 10万円/半年一括 60万円(税別)

 

☆お問合せ→ rctjapan81@gmail.com


健食、化粧品、医療機器の商品企画

広告表現を先に考え、商品企画を提案します。

OEMとして商品の提供も可能です。

 

1、健康食品

健食の機能性表示食品制度の以下のポイントを考慮して

商品を設計します。

・機能性(効果)にマーケットニーズはあるか?

・関与成分は何か?特定化、定量化、作用機序があるか?

・成分に関する査読付きヒト臨床論文があるか?

 

2、化粧品

マーケットニーズのある化粧品の提案

OEMメーカーのご紹介

抗シワ試験を実施し、他社との差別化を図る

 

3、医療機器、非医療機器

クラス1が取得できる医療機器の提案

非医療機器としての提案

販売会社のご紹介

 

☆お問合せ→ rctjapan81@gmail.com

 

コンサルタント・プロフィール

No1の薬事広告コンサルタント 持田騎一郎


持田騎一郎 1962年、東京都目黒区出身

 

株式会社RCTジャパン 代表取締役社長

 

No1の薬事三法、機能性表示食品コンサルとして活動。

年50回以上の薬事法セミナーの講師を務めた。

年100社以上のクライアントの薬事案件をコンサル。

(2014年実績)

 

【略歴】

一橋大学法学部卒  法学博士

ラジオ(ニッポン放送、J-WAVE)のディレクター&プロデューサー、
テレビ(NOTTV、ステーションガイア)のプロデューサー、
IT関連(日本IBM、au、シャープ)のPRコンサルタントとして活躍。

 

上記メディアで、テレビ番組制作、ラジオ番組制作、イベント制作を

手がけるとともに、CM制作・CM考査などを多く手がけ、

東京都の薬務に通い、実務の薬事法を学ぶ。

 

2012年、薬事法管理者資格を取得。

株式会社薬事法ドットコムへ転職し、コンサルタントとして、

年100件以上の案件対応、年50件以上のセミナーを実施。

食品メーカー品質保証研究会、電通、トライステージ、ジャパネットたかた、

 

「いきいき」(現ハルメク)などの社内研修を講師として実施。 

 

2014年8月、株式会社RCTジャパン設立、代表取締役となる。

機能性表示食品コンサルに関しする第一人者として、問い合わせが多い。

2年目で年商1億円達成。


☆東京オリンピック関連事業のPRを東京都から業務委託。

 

*****

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階 MOV内 

株式会社RCTジャパン 

代表取締役社長 持田騎一郎

TEL 090-3499-6077、FAX  03-5790-7410

Mail  rctjapan81@gmail.com