【医薬品】C型肝炎ハーボニーに次ぐ?1兆円?キューバ発、B型特効薬の日本側製薬企業を募集開始

 

【緊急告知】

 

いろいろ、すごい話が来ます!

 

 

製薬会社の皆様へ

 

弊社クライアントからのお知らせです。

 

 

キューバで開発された

B型肝炎の特効薬

 

HeberNasvac(商品名:ABX203)

 

の日本での販売承認に向けた

パートナーとなる

製薬企業様を探しています。

 

 

HeberNasvac(商品名:ABX203)は、

 

治癒率、なんと80%!

 

 

以下のリリースが、

販売権を持つフランスの製薬会社

ABIVAX社から出ています。

 

 

「CECMED(キューバ国家医薬品

医療機器管理機関)が、

 

ABX203(HeberNasvac)に、

慢性B型肝炎を治療薬として、

キューバでの販売を初認可。」

 

2015年12月8日

http://www.abivax.com/en/news-events/press-releases/205-abx203-hebernasvac-granted-cuban-marketing-authorization-to-treat-chronic-hepatitis-b.html

 

 

CECMEDからもリリースが出ています。

(スペイン語)

http://www.cecmed.cu/sites/default/files/adjuntos/rcp/biologicos/14_rsp_hebernasvac_aprobado_24-11-2016.pdf

 

 

臨床データなどの資料をお送りいたしますので、

お問合せください。

 

 

尚、キューバから開発者のドクターが、

来日する予定ですので、緊急ミーティングを

実施させていただきたいと存じます。

 

 

お問合せ:

rctjapan81@gmail.com

 

*****

 

今年の2月に、

 

C型肝炎治療薬「ハーボニー」の

偽造品がみつかり、

ニュースになっていましたが、

 

奈良県の薬局チェーンで偽造品の入った

ボトル5本が見つかったのをきっかけに、

 

東京都内の卸売業者2社から新たに

9本の偽造品がみつかり、

 

さらに別の都内の卸売業者からも

1本が見つかったという事件です。

 

 

これを受け、東京都は先日(4/12)、

2つの医薬品卸会社、

エール薬品と大興薬品に、

 

医薬品医療機器等法(薬機法)違反として、

業務停止命令を出しました。

 

 

この問題となった「ハーボニー」、

 

C型肝炎の「オプジーボ」

 

と言われる特効薬です。

 

 

開発したのは、

米国のギリアド・サイエンシズです。

 

肝臓がんの原因となるC型肝炎の2つの特効薬、

 

「ソバルディ」(遺伝子型2型のC型肝炎

ウイルスの感染者向け)と

 

「ハーボニー」(1型ウイルスの感染者向け)は、

 

2013年末の発売直後から世界で爆売れ、

 

2014年の医療用医薬品売上高は、

前年の世界18位から9位に急浮上。

 

 

2015年、日本登場した途端、

 

ハーボニー 1176億円

ソバルディ 1118億円

 

ハーボニーは、売上トップ!

2商品で、2294億円を売上。

 

 

翌年の2016年は、

 

ハーボニー 2960億円

ソバルディ  976億円

 

計 3937億円

 

 

ほぼ倍増、

 

約4000億円です。

 

 

ちなみに、話題の多かった

免疫系抗がん剤「オプジーボ」ですら、

 

昨年は、1079億円ですから、

 

C型肝炎2商品の

破壊力がいかにすごいかが、

分かります。

 

 

そりゃー、偽造品でますよね。

 

 

でも、このC型肝炎よりも、

 

患者数が多くて、特効薬がないのが、

 

B型肝炎です。

 

C型の2倍以上の患者がいます。

 

 

となると、

 

上記、キューバ発の薬が、

日本で販売されたら、

 

4000億x2=8000億円

 

もしかして、1兆円?

 

も夢でないのかもしれません。