【New】2018/2/26(月) アンチドーピングと大麻由来CBDセミナー(東京)

~WADA禁止リスト2018の解説とOK成分となった大麻由来CBDとは何か?~

アンチドーピングと大麻由来CBDセミナー(2018/2/26、東京)

【日時】2018年2月26日(月) 15:30-19:30

【会場】渋谷ヒカリエ8F MOV(モブ)Room7

 東京都渋谷区渋谷2-21-1-8F

【講師】遠藤敦(薬剤師、スポーツファーマシスト)

 持田騎一郎(薬事、機能性表示食品コンサルタント)

 

【参加費(税別) 】3万円(懇親会費用含む)

【お支払い方法】銀行振込(前払い)、クレジットカード(PayPal)

 

【お問い合わせ】 rctjapan81@gmail.com

 

【AGENDA】

1、15:30-17:30 アンチドーピングの基礎知識

ATRAQ代表 遠藤敦(薬剤師、スポーツファーマシスト)

WADA禁止リスト2018の解説。2017年リストとの違いと注意点。

 

2、17:30-18:30 世界が注目する大麻由来CBDとは何か?

RCTジャパン代表 持田騎一郎(薬事、機能性表示食品コンサルタント)

WADA、WHOがOKとした大麻由来のCBDの機能性、安全性。

日本における大麻規制の現状。

 

3、18:30-19:30 懇親会

アスリートをサポートするにはどうすべきか?

 

¥30,000


【終了】2017/12/19 機能性表示食品のSRセミナー(大阪)

~第2フェーズに入ったSR:不備指摘を受けるSR、成功するSRの違い

届出の90%をしめるSR。

 

うまく活用すれば、

数千万円の臨床試験をしないで、

高いコストパフォーマンスで、

機能性表示食品のエビデンス

作成が可能です。

 

現在、質の低いSRの排除のため、

消費者庁の審査も厳しくなっており、

 

採用論文の内容、

被験者、

評価項目、

群間有意差などで

 

不備指摘を受けたり、

受理後に届出撤回などの

事例が多く起きています。

 

 

その一方で、

SRを緻密に行うことで、

関与成分の最低有効量を減らせたり、

新たな機能性表示をうたえたり、

 

 

NGと思われていた

「抗酸化」「脳血流増加」

などの攻めた文言を入れる

ことに成功している届出もあります。

 

 

このセミナーでは、

 

SRの作成者として、現在、

ナンバー1と言われている

農学博士と

 

届出者として多くの実績をあげる

機能性表示食品コンサルタントの

持田騎一郎の2人が、

 

・高度な論文検索方法

 

・論文の採用、除外方法

 

・最新のSR届出内容の検証

 

・不備指摘を受けない書き方

 

など細かい内容の解説をいたします。

 


社内セミナー、研修お受けします

~薬事三法、機能性表示食品、化粧品薬事、医療機器などのセミナー講師をお受けいたしますので、ご相談ください。~

薬事法、景表法、機能性表示食品、

化粧品薬事の社内研修をお受けします!

と言ったら、

 

すぐに、大手化粧品会社さんから

来年の社内研修のご相談が来ました!

 

化粧品薬事かと思いきや、

機能性表示食品の社内研修でした。

 

予算に合わせてカスタマイズしますので、

お気軽にご相談ください。

 

ちなみに、医療機器の新規参入

セミナーもできますので、

ご相談ください。

 

お問い合わせは、

rctjapan81@gmail.com

  

*****

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階 MOV内 

株式会社RCTジャパン 

代表取締役社長 持田騎一郎

TEL 090-3499-6077、FAX  03-5790-7410

Mail  rctjapan81@gmail.com