【CBD】高城剛 CBD製品のTHC含有を告発/がん免疫治療薬で1型糖尿病になる理由

オレンジCBDのお問い合わせ

ありがとうございます。

 

CBDビジネスに詳しい、高城剛さんが、

こんな衝撃的な発表をしました。

 

「THC配合のCBDオイルが日本で販売されている!」

 

https://bit.ly/2KMMOxz

 

 

この発表のせいななのか、

日本で買えるCBDオイルに対する

警察の捜査が始まったと聞きます。

 

 

オレンジCBDなら、安心です。

 

https://www.rctjapan.org/

 

 

*****

 

 

オプジーボなどのガン免疫治療薬を使うと、

さまざまな副作用が起きるのですが、

 

1型糖尿病を発症する副作用があるんだそうです。

 

 

その原因の一端を大阪大が発見したそうです。

 

https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2019/20190605_1

 

 

それによると

 

免疫チェックポイント阻害薬投与後に

1型糖尿病を発症した患者1名の

膵臓の観察を行った。

 

 

その結果、

 

免疫治療薬により活性化されたTリンパ球が

β細胞を攻撃し、β細胞の数が減少、

1型糖尿病の発症に至った

 

可能性が分かりました。

 

 

さらに、ごくわずかに残存している

β細胞および膵島では、PD-L1が

低下していることも明らかになったそうです。

 

つまり、PD-L1は、T細胞のPD-1という

ブレーキボタンを押す触手みたいなものなので、

 

PD-L1がないということは、

 

T細胞に、「ちょっと待った、待った」

とできなくなっている状態と言えます。

 

 

つまり、ブレーキが外れた暴走T細胞が、

すい臓のβ細胞をがん細胞とみなして、

攻撃しているようなのです。

 

 

怖いですねー。

 

 

自由を勝ちとったけど、仲間まで

バシバシ殺してしまう

ロベス・ピエールのようなT細胞。

 

 

がんは治ったけど、インスリン注射の

毎日って、どうなんでしょうね。

 

 

しかし、逆に考えると、

 

原因が良く分かっていない

「1型糖尿病」の原因は、

 

T細胞暴走の可能性があるわけです。

 

 

これって、すごい発見かも。

 

 

T細胞が、むやみに、膵臓β細胞を

攻撃しないような仕組みを考えれば

いいわけです。

 

 

例えば、遺伝子操作で、PD-L1を発現した

膵臓β細胞をすい臓に注射するとか。

 

 

なんとなく、妄想レベルですが、

できそうな予感。

 

 

そんな「がん治療」の最先端が学べる

セミナーが、6/23に開催されます。

 

 

東京・品川開催ですが、

ZOOMによるネット中継も行いますので、

スマホでも視聴することが可能です。

 

オプジーボを生んだ本庶佑先生の

京大の後輩にあたる「スーパードクター」

2名が登壇します。

 

 

【がんゼロ講演会】

・日時:2019年6月23日(日)12時30分~17時

 

・会場:TKP品川カンファレンスセンター8C

 

・参加費(税込):

  リアル受講(当日)8,000円→(前売券)6,000円

  ZOOMネット中継  6,000円

 

 

お申し込みは、

がん経済新聞のホームページから

 

https://www.cancer-news.biz/